×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛テープで抜いてムダ毛ケアする場合

家庭でできるムダ毛ケアの方法はいくつかありますが、毛抜きでムダ毛を抜いているという人も少なくありません。

抜くことでムダ毛を処理すると、肌がなめらかで見た目もよくなったように見えますが、気をつけるべき点があります。

毛細血管に傷をつけてしまう場合や、皮膚炎の原因になることがありますので、皮膚に負荷をかけずに毛抜きをすることです。ムダ毛を抜いた後で皮膚がかゆくなったり毛穴がブツブツと目立つのは炎症が起こっている証拠です。

おすすめのムダ毛処理は脱毛テープや脱毛ワックスです

横向きに毛を抜いて、毛根が横向きになっていると、次に新しくムダ毛が生成される時に皮膚の下にムダ毛が埋まってしまう埋没毛になりかねないようです。電気脱毛機でムダ毛を抜くという時は、脱毛機のヘッドの部分を肌にぴったりくっつけて、ムダ毛を抜くといいでしょう。

事前に、3mmほどムダ毛を残して切っておくことで、体毛の除去がしやすくなります。ムダ毛の除去に、脱毛テープを使うという人もいます。

事前準備として、脱毛したい部分の毛がどっちの方向に向かっているか確認して、方向にそってテープを貼ります。湿った皮膚に対してはシールの粘着力が落ちるので、扱いには気を使います。

脱毛テープで大まかなムダ毛の処理をして、抜ききれなかった分は毛抜きで除去します。

脱毛ワックスでムダ毛ケアをする場合にはムダ毛をあらかじめ5㎜程度にカットしておきましょう。

脱毛を終えた後、皮膚が腫れたり、かゆくなったりしないように、仕上げのケアもしっかりします。家庭でムダ毛を抜くという人は、日々の脱毛ケアの内容に気をつけることが重要です。